美容と肌に良いコラーゲン

肌は表面にある表皮、その下にある真皮、皮下脂肪と言った3つの構成でできていて、肌の本体ともいえる真皮の部分は、水分を防ぐ、約70%がコラーゲンです。たっぷりと新鮮なコラーゲンがある状態の肌はきちんと肌を支え、ピンとしてあハリやツヤ、ふっくりした美しさを備えています。コラーゲンは、肌の大黒柱のようなもので、しっかりと肌の土台から肌を保つために大切なものです。

コラーゲンの量は10代後半をピークとして、加齢と共に減少し始め、コラーゲンが不足すると、皮膚のハリがなくなりシワやたるみができたり、血管が弱くなったり、関節の痛みや変形などの症状が出ます。特にコラーゲンは皮膚の真皮の主成分であるため、不足すると肌に影響が出やすいのです。

7コラーゲンを多く含む食品は、動物や魚の肉、内臓、皮、骨などです。特に鶏皮や手羽先、牛すじ、牛テール、なまこ、カレイ、あんこうなどゼラチン質の多いものが豊富です。美肌を保つためのコラーゲンの摂取量は1日3〜5gと言われています。手羽先なら4本、カレイなら一切れで摂取できる量です。食べたコラーゲンがそのままお肌になるわけではなく、コラーゲンを含むたんぱく質は、消化・分解されてアミノ酸となって体内に吸収されます。その後、皮膚や筋肉などのたんぱく質に再構成されます。

皮膚や筋肉の基礎となる良質なたんぱく質を食べた上で、コラーゲンをプラスすると良いです。肉料理にレモン汁をかけたり、野菜をたっぷり添えたりすると栄養バランスもよく、美肌効果も倍増し、美容効果もあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です